ラーメンから摂取するカロリーを減らす工夫

ラーメンは、美味しく手軽に食べることのできる食材として利用されています。

お酒を飲んだ後の締めにラーメンをすすったり、様々なラーメン店が街中で開業しているため外食でも利用する機会が多いです。しかしラーメンは、特に外食の場合は麺とスープに加えて様々なトッピングが加えられており、想像以上に高いカロリーになっています。またスープも脂質が高く、麺のカロリーとともにスープを飲み干せばその分多量のカロリーを摂取することになります。

ラーメンの場合は単独で注文するよりも、ご飯やチャーハンを同時に食べたりすることもあるため、必然的に炭水化物の過剰摂取につながっていく可能性があります。炭水化物は人間にとって必要不可欠な栄養素であり、体内に取り込んだ炭水化物は活動のエネルギーになります。しかし過剰摂取すると使われない糖が脂肪に変化し体内にため込まれるため、体重増加の原因になります。

ラーメンのスープに含まれている多くの塩分がさらに食欲を増進させることも、カロリー摂取過多の要因です。食べ方を工夫することによってラーメンから摂取するカロリーを減らす工夫も大切になります。

まず外食のラーメンは非常に高カロリーであるため、頻繁に利用することは避け、どうしても食べたい場合は市販のラーメンを買って自宅で調理する方が摂取カロリーを控えるのに効果的です。但しインスタントラーメンの場合は麺を油で揚げているため、カロリー自体は外食に比べて低くても脂質は高いものが多く、やはりダイエットには不向きです。

特にインスタントラーメンをおやつや味噌汁代わりに食せば、それだけで相当なカロリーを摂取することになります。油で揚げていない麺を使用したインスタントラーメンを選ぶなど、工夫をするとよいでしょう。

また味噌汁やスープなどの麺の入っていない汁物を利用することによって、ある程度の満足感を維持しながらカロリーを減らすこともできます。こんにゃくなどを使った麺を使用しているラーメンも市販されているため、場合によっては利用するとカロリーを控えることにつながります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ