手汗の原因と抑えるツボについて

自分自身が悩んでいる手汗に関して記載させて頂こうと思います。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。
29歳男性で外回りの営業をしています。

仕事柄、多くの方にお会いする事が多いのですが、その度に手汗に悩まされています。
仕事にも影響があるので、手汗が出る要因を調べましたので、簡単に紹介致します。

・ストレス
・緊張
・不安
・姿勢
・病気や疾患
・食事内容
・ホルモンバランスの異常
・運動不足や肥満体

簡単には上記項目が手汗に関連しているようです。
手汗で悩んでいる方はどれが該当したり、思い当たる項目があるのではないでしょうか。

ちなみに自分の場合は、緊張や不安を感じた際に手汗が大量に出る事が多くあります。ただ、幸いにも自分の場合は、緊張感や不安感を減少させれば必然的に手汗の量も減る事です。

初めての方とお会いする時、始めての場所に訪れる時は今でも不安や緊張を感じ、手汗が出ますが、仕事を続けていく中で少しずつ慣れる事で手汗の量や回数も減ってきたように感じています。

しかし、今でもある事をして手汗を少しでも抑えようとしています。今回はその方法を皆様にもお伝えさせて頂ければと思います。

その場で出来る方法として、ツボをよく押しています。
今回は2箇所のツボを記載させて頂きます。

・合谷(ごうこく)
・老宮(ろうきゅう)

合谷に関して

場所としては、人差し指と親指の骨が合流する位置にあります。この場所を反対側の親指で押すと、ストレス・不安・神経過敏などの精神的な症状に効果があると言われています。
自分の場合は、相手と話す際に手を組むようにこのツボを押すようにしています。ツボ自体を押すという効果もあると思いますが、実際に押す事で個人的にリラックス出来るようになったと感じています。

老宮に関して

手の平の真ん中辺りにあるツボです。目安として、軽く指を曲げて拳骨を作った際に中指の先端に来る位置にあると言われています。ここも、待合室など待っている際にゆっくりと押して気持ちを落ち着かせる際に押しています。

最後にアドバイスですが、手汗が出る出ないは人それぞれ異なります。
自分自身も大量に出るので、「止めよう、止めよう」と焦る事は多くあります。しかし、そう思えば思うほど止まらず、量も増えます。

そうなった際には無理に止めようとせずに自分自身が落ち着ける方法を模索する事が手汗を止める最善方法かと思います。

是非とも、自分に合った抑える方法を見つけてみるのは如何でしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ