汗っかきでも臭わない人と清潔でも臭う人の違い

人の反応や風向きの関係で体臭が強いと気づかされ、ショックを受けたなんて事もありますよね。
汗っかきでも臭わない人も居れば、清潔にしているのに体臭がある人では一体何が違うのでしょうか。

体質が原因となるワキガ臭

独特な臭気とその強さから、最も気になるのはワキガではないでしょうか。
ワキガは体温を下げるための通常の汗とは違う、アポクリン腺から分泌される汗の量で決まります。
通常の汗は90%以上がただの水分ですが、アポクリン液はタンパク質や脂質などを含むベタ付きのある汗で、人の皮膚に当たり前に存在する細菌類の大好物です。
細菌がアポクリン液を分解する際に出る臭気がワキガなので、アポクリン腺からの分泌量が多い方は、当然ワキガ臭も強くなってしまいます。
アポクリン腺の量や分泌量は個人差があり、遺伝的要素が強く、個人の努力では分泌量を減らすのは難しいものです。
ですが正しいケアをすれば、ある程度は臭気を抑えられますので諦めないでください。

日常生活でできるワキガ対策

ワキに多く出やすい臭気のため、よくワキガ臭と呼ばれていますが、アポクリン腺の出口は何もワキだけではありません。
アポクリン腺はワキ、胸、デリケートゾーン、耳に集中して存在するため、デリケートゾーンからの臭気のスソガ(すそわきが)に悩まされる方も居ます。
ワキガ臭を強くしないコツは、とにかく雑菌を繁殖させない環境作りをすることです。
臭いがもれないようにとぴったりとした衣類を身に着けていると蒸れやすく、雑菌の好む高温多湿環境が出来上がってしまいますので、衣類は通気性の良い物を選ぶようにしましょう。
ムダ毛があると汗の拭き残しや蒸れから臭いが出やすくなりますので、ムダ毛ケアは小まめに行うようにしましょう。
体の洗いすぎや汗の拭き過ぎは、皮膚に常在する善玉菌までも落としてしまいますので、必要以上にゴシゴシと洗うのは避け、汗を拭う時には乾いた布ではなく、ウエットシートで軽くぬぐうようにしましょう。
酸化した皮脂の独特な臭いを軽減するためには、高温の油で調理された揚げ物は控え、抗酸化作用のあるバナナ、アボカド、緑黄色野菜、緑茶などを積極的に摂るようにしましょう。

手汗対策で人気・話題のファリネの口コミと効果の違い

サブコンテンツ

このページの先頭へ